田中良幸税理士事務所 トピックス
トピックス
 

気になるニュース

 

令和5年度税制改正法(案)が可決・成立

令和5年度税制改正法案は、3月28参議院本会議において可決・成立しました。 ◆参議院 議案情報 https://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/211/meisa…続きを読む

2023年3月29日 <14:49 >  田中良幸
 

マイナンバーカードの記載情報を削減へ

秘密とされる個人番号を削除することは、もっともな話です。 現在は、透明フィルムで隠している状態ですが、元々ICチップに情報が入っているなら、番号の表記は必要ないですね。今後のマイナカード普及に一役買うかも知れません。 し…続きを読む

2023年2月21日 <4:14 >  田中良幸
 

相続税の課税割合が9%台に

毎年12月、国税庁から相続税の申告実績が発表されます。 この度発表されたのは、令和3年分です。 ◆令和3年分 相続税の申告事績の概要 https://www.nta.go.jp/information/release/k…続きを読む

2022年12月22日 <4:07 >  田中良幸
 

令和5年度税制改正大綱が決定

昨夕、防衛費増税で難産となっていた来年度税制改正大綱が決定し、発表されました。 内容は、追々じっくり検討していきましょう。 ◆NISA拡充・恒久化、スタートアップ支援を強力に推進 与党税制改正大綱が決定 令和5年度与党税…続きを読む

2022年12月17日 <4:49 >  田中良幸
 

消費税インボイス制度、小規模事業者に猶予措置の方向

来月決定される令和5年度税制改正大綱に向けて、税制調査会の議論が盛んに行なわれています。 現在、来年10月にスタートする消費税インボイス制度について、対応に悩まされている中小事業者が多くいます。そんな中、11月18日の日…続きを読む

2022年11月20日 <6:16 >  田中良幸
 

「インボイス制度」が新語・流行語大賞にエントリー

年末が近づき、毎年恒例の「新語・流行語大賞」のノミネート語30が発表されました。 その2番に「インボイス制度」がエントリー。 令和5年10月に運用開始。インボイス発行事業者の登録申請は令和3年10月より始まっており、現在…続きを読む

2022年11月7日 <3:45 >  田中良幸
 

110万円贈与の行方

昨年度より、贈与税の基礎控除が廃止されるという噂がありましたが、実際には行われず、ペンディングとなっていました。 この度発行された「週刊納税通信」最新号のトップ記事によると、今年も基礎控除の廃止は行われないという見通しの…続きを読む

2022年10月19日 <8:09 >  田中良幸
 

個人の事業所得と雑所得の違いと改正

個人の事業所得と雑所得は、計算の仕組みは基本的に同じです。 収入金額 - 必要経費 = 所得金額 しかし、違いもあります 損失が生じた場合、事業所得では他の所得と損益通算できますが、雑所得ではできません。 また、青色申告…続きを読む

2022年8月19日 <5:01 >  田中良幸
 

「e-Tax」利用者数が申告会場手続人数を初めて上回る

  e-Taxは、平成16年(2004年)に運用開始されて、今年で18年。 一貫して推奨してきた国税関係者にとっては、一つの目標達成でしょうね。 当職も、かつてe-Tax利用を推進をする立場にいました。内容は陳…続きを読む

2022年6月24日 <5:30 >  田中良幸
 

路線価の公表は7月1日(金)

路線価は、毎年1月1日を基準に計算され、7月1日に公表されます。   国税庁から、今年も同様であることが発表されています。   今年1年間の相続や贈与に適用されますが、コロナ禍において、果たして前年よ…続きを読む

2022年6月4日 <8:30 >  田中良幸
 


 
 
【 田中良幸著書 】
田中良幸著書 税理士のための相続をめぐる民法と税法の理解 民法<相続編>を逐条的に事例解説
税理士のための相続を
めぐる民法と税法の理解
民法<相続編>を
逐条的に事例解説